13complex

by a chain brick yard
<< ■13complex vol.12:レビュー【matocotoshuco】 | TOP | ■13complex vol.12:レビュー >>
■13complex vol.12:レビュー【rib】

vol12_in1vol12_in2vol12_in3vol12_in4vol12_in5

●rib
さかのぼること3年。御茶ノ水で行われた"13complex vol.4"で、はじめて彼女に会場の装飾を頼みました。
一緒に見学に行って当日驚いたのは、とんでもない大きさの布(紙?)の量でした。
小さい体でそれを作り、それを持ってきて、着々と会場に取り付ける姿、今でもものすごくよく覚えています。

それから3年たった今。
彼女はribという名義に代わり、歴史あるライブハウス(今はMEETSですが、元はCAVEという老舗ライブハウスだったそう)をかわいいお部屋のような異空間を演出。
天井を斜めにぶらさがる布たちはすべて彼女が編んだもの。(中には紙やストッキング(!)もありました)
彼女はそういえば、vol.4のときも、ストッキングを使っていました。あの素材が好きなんでしょうかね?(笑)
ああいった空間でパフォーマンスができるのは、出演者の意欲がわくものです。とても好評でした!
また、会場内に設置したアンティーク風の背の高いランプにも、ふわふわと触り心地のいい綿のようなものと、毛糸をくるっと巻き付けて。
"わたしだけの特別な空間"を独り占めしたような感覚です。

そしてもう一カ所。
私の頭のコサージュと、そして私が着ていたワンピース(左腕のところにボンボンがついていたアレです)も、彼女が作ってくれたもの。
彼女の専門職であるニットで作られたワンピースは、よい感じで重みが出て、着心地のよいもので、お客様からもかわいいだの素敵だのお褒めの言葉をたくさん頂きました!(うれしい!)
こういった形での参加ははじめてで、お互い歩み寄りながらの制作となりましたが、彼女が持っている世界は、今回だけではおさまりきりません。(それは彼女と話をしたらすぐに分かります)

ただいまribはホームページ準備中。
360°見渡せる世界を持っているribのこれからの活動が楽しみです。
こんな世界に触れてみたい、というふわっとしたみんなの願いも叶うかもしれません。
取り急ぎ、彼女へのお問い合わせは、
a.chain.brick.yardgmail.com
までお願いいたします。
rib、ありがとう!
(eily)
07:45 | ■vol.12 [2009.5.23] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://13complex.makinoeri.velvet.jp/trackback/891343
トラックバック