13complex

by a chain brick yard
■13complex vol.10:レビュー


牧野エリpresents "13complex vol.10" in 東京

●日時 2008年12月7日(日)
●会場 Bullet's(西麻布/六本木)
●料金 2500yen(1drink+おみやげ付)*入場後は出入り自由
●時間 OPEN 16:00 START 16:30
●出演
<Live>
<音楽>
さがゆき(vo)助川太郎(g)  【レビューはこちら
cokiyu 【レビューはこちら
nakao:::  【レビューはこちら
我々 【レビューはこちら
<紙芝居>
matocotoshuco(的場祐太と首藤亮) 【レビューはこちら
<芝居×音楽>
的場祐太×前川寛子×牧野エリ×我々 【レビューはこちら
<DJ>
makoto hayase  【レビューはこちら
Grant McGaheran 【レビューはこちら
zu-hause 【レビューはこちら
アントニオ・ヨドバ氏 【レビューはこちら
<VJ>
VJ Fumin 【レビューはこちら
<出店>
83 【レビューはこちら
トーリ(IOЯI) 【レビューはこちら
<ヘアメイクブース>
吉田アツト/榎本有里 【レビューはこちら
<Food>
Spica・麦の穂 【レビューはこちら



■さがゆき(VO)(音楽)
天空を自在に舞う声〜現代の巫女、さがゆき。
東京出身。5才にして歌手になることを決意。
言葉を伴う「うた」を歌う歌手であると同時に、言葉の伴わない「声」を楽器としたフリーキーで幻想的な「完全即興」を歌う稀有な存在でもある。
主な共演者は、中村八大、北村英治、富樫雅彦、渋谷 毅、潮先郁男、小室等、金大煥、姜泰煥、高橋悠治、花岡詠二、加藤嵩之、鬼怒無月、フェビアン・レザ・パネ、内橋和久、大友良英、林正樹、白石かずこ、谷川俊太郎、大野一雄、澤井一恵、他。
最近は'04年『SYNAPSE』(TBM)、『Day dream』(ARUMA)、'05年『It's so peaceful』(Maple)、中村八大曲集『See you in a dream』(FMN)、'06年「Kokopelli」1st『Spirit of the forest』(CSNT)、07年「LIVE AT AIRGINE」(フランス・AYLERレコード)、08年渋谷毅、潮先郁男、との「We'll meet again」(CARCO)と、続けてアルバムをリリース。



http://www.aruma.be/



■助川太郎(G)(音楽)
ギタリスト。作曲/アレンジ担当。
米バークリー音大卒業後、2年間ニューヨークで活動。
2003年に帰国後はジャズ/ブラジル音楽を中心に、ノイズミュージックや即興演奏の分野から、J-POP系アーティストのサポート/レコーディングまで幅広く活躍中。
主な共演アーティストに、かの香織、コーザノストラ、Pecombo、Metro trip、安井源之新、安田寿之(Robo*Brazileira)など。



http://www.meobossa.com/



■cokiyu(音楽)
愛媛出身の女性アーティスト。ausのボーカルやトクマルシューゴ&ザ・マジックバンドへの参加で注目を集め、昨年flauより待望のソロデビューアルバム『Mirror Flake』を発表。
女性らしい細やかな音使いに美しいウィスパーボイスが響き渡る最新型のベッドルームポップがイギリス、ドイツ、イタリア、アメリカなど海外の音楽誌で絶賛され、話題を呼んでいる。
※今回、ausがサポートで参加します。



http://www.cokiyu.net/
http://www.myspace.com/cokiyu
http://www.myspace.com/ausmusik


■nakao:::(音楽)
環境音や楽器音、プログラミングを用いた音源を制作。
都内を中心としたライブ活動を行う。



http://www.myspace.com/hnakao



■我々(音楽)
安藤大(ヴィオラォン)と石井宣治(バンドリン)の2人によって結成された弦楽インストォルメンタル・ポップ・デュオ。
ブラジルの伝統的な都市型器楽「ショーロ」を意識しつつ、新しい形の大衆音楽を暗中模索。




http://www.wareware.jp/



■matocotoshuco(的場祐太と首藤亮)(紙芝居)
絵とお芝居を混ぜ合わせて、楽しい不思議な空間や、瞬間を、みんな様とご一緒したい二人です。



http://matocotoshuco.web.fc2.com/



■的場祐太(芝居)
劇団での芝居や、一人芝居、紙芝居をする、「あっちこっち役者」である。



http://tabletable.blog34.fc2.com/



■前川寛子(芝居)
1987年1月24日産まれ。水瓶座、O型。趣味は写真と木版画。
盛岡北高校在学中に演劇部へ入部。高校三年の春、劇団「現代時報」に入団し、本格的に演劇活動を始める。
役者の他、演出、照明プランナー、制作の仕事も勉強中。
現在は現代時報を退団し、来年三月に予定している「劇団コトナコナタ」旗揚げ公演に向けて準備中。
散歩と自転車と山のある風景を好む。





■牧野エリ(音楽/脚本)
"ピアノ×唄+なにか”を基本として音楽活動中。(スネアドラム、おもちゃ、ラップトップ、即興、楽団、ipod、ぬいぐるみ、など)
2005年4月より、イベント"13complex"の企画を行う。
2008年、バルセロナで行われたフェス「SONAR」でARBOLのメンバーとして出演。




http://makinoeri.velvet.jp/
http://www.myspace.com/erimakino



■makoto hayase(DJ)
ham&ex、makoto hayaseとして音楽、イラストで活動中。
swingby等のバンド活動を経て、ラップトップでの音楽をはじめる。
13complexのフライヤーを手がける。
現在、dok-s projectに参加。



http://hamandex.o0o0.jp/
http://www.myspace.com/hamandex



■Grant McGaheran(DJ)
イギリスのシェフィールド出身。バンド"ABIKYOKAN"のメンバー。DJ活動も平行して行っている。



http://www.last.fm/music/Abikyokan



■zu-hause(DJ)
物書き少々、イベントOur Bubble Hourオーガナイズ補佐。



http://d.hatena.ne.jp/zu_hause/



■アントニオ・ヨドバ氏(DJ)
ブラジルのショート・フイルムを紹介する『The Rabadas Cinema Clube』でDJを務めている。



http://therabadas.wordpress.com/



■83(出店)
ありそうで、なかなかみつからない髪飾りを。





■トーリ(IOЯI)(出店)
1981年生まれ。専門学校卒業後、化粧品などのデザインの仕事に関わる。
今回、天然の手漉き紙の上に染料を塗りひとつひとつ、手製本でつくった手帖を販売します。




==============

当日お越しくださったみなさま、
イベントを支えてくれたみんな、
どうもありがとうございました*
心から感謝の気持ちをこめて。
18:13 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.10:レビュー【Spica・麦の穂】


●Spica・麦の穂
vol.8でもご用意させていただいたSpicaさん天然酵母のパン。
ひとつずつ丁寧に作られたこのパンは、日常的に売られている通常のパンよりは固く感じ酸味が強く感じますが、これが本来のパンの姿。噛めば噛むほど味わいがあります。

そして、今回はなんと、このイベントのためだけに作っていただいた特別のにんじんのパン。
にんじんと金ごまを使ったとってもかわいらしいパンで、色はほんのりにんじん色、味もほんのりにんじん味。そして、パンの中にもにんじんが少しその姿を残していました。
お店はオーナーが全部一人でやっているので、大量のパンを作っていただくだけでも手一杯。
ということで、イベント前日に13complexスタッフで閉店後のお店で、全員分のパンを切り分けて袋詰めしていきました。(愛情たっぷりこめて!)
(ちなみに、パンが入っていた袋(外側ではなく内側)は、直接食べ物に触れるということで、環境にやさしい袋を使用しているそうです。)
作業中も、あたたかいすだち茶を出してくれたり、焼きたてのパンをごちそうしてくれたり、愛情たっぷりのオーナー。
私はこのイベントを通じて、このお店が前よりももっともっと好きになりました。
みなさんも機会があれば、ぜひSpicaに立ち寄ってみてください。
パンも、オーナーも、店内の雰囲気も、すべて気に入ると思いますよ*
Spicaさん、どうもありがとうございました!
(eily)


「Spica・麦の穂」
●住所●
品川区旗の台5-28-13 シュロス旗の台1F 
東急池上線長原駅 徒歩5分
●電話番号●
03-3788-5536
●営業時間●
11:00〜19:00
(定休日:月・火曜日)

18:05 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.10:レビュー【吉田アツト/榎本有里】


●吉田アツト/榎本有里
今回はイベントでははじめて、ヘアメイクアップブースを設置しました。
プロの手さばきはまるで魔法のように、来る人来る人を変身させていました。(私もその一人)
二人とも本当に性格が穏やかでナチュラルで、その世界の人とはとても思わせない不思議な雰囲気をかもしだしていて思わずリラックス。
アツトくん、有里ちゃん、どうもありがとう!
(eily)
18:04 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.10:レビュー【トーリ(10ЯI)】


●トーリ(10ЯI)
"使いやすくてシンプルな手帖が欲しい。"
彼女自身がそう思ったことがきっかけで生まれた、手製本の手帖。
ひとつひとつ、天然の手漉き紙の上に染料を塗って作られたその手帖達は色も素材も豊富。
かわいいピンクものから、使えば使うほど味が出てきそうなタイプのものや少しラメがはいったもの、男性でも手軽に使えそうな深緑やグレーのもの。
カレンダーの部分の線が最小限に抑えられていたのがとても印象的でした。
トーリ(10ЯI)、どうもありがとう!
(eily)

※手帖についてのお問い合わせ(購入や発注など)につきましては、本人または、
a.chain.brick.yardgmail.com
までお願いいたします。
18:04 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.10:レビュー【83】


●83
vol.6ではサテンのシュシュを販売していて大人気だった、83ことnaoちゃんのシュシュが約1年9ヶ月ぶりに13complexに再上陸!
リハーサル時に、50cmくらいのローズマリーを手にぶらさげて登場したnaoちゃんは、着々と物販ブースにシュシュを飾りに見立てて、小さくてとってもかわいいクリスマスツリーをセッティング!
会場を何気なく彩ってくれました。
彼女のアイディアはいつもスマートで、ガールズライクなかわいいもので統一されています。
もしnaoちゃんがお店をはじめたら、とっても素敵な空間になるんだろうなぁ。
そんなnaoちゃんは、イベント以外の面でも牧野エリの活動の一部を彩ってくれています。
ただいま、次の案を考え中。ぜひ楽しみにしていてくださいね。
83ことnaoちゃん、どうもありがとう!
(eily)

※シュシュについてのお問い合わせ(購入や発注など)につきましては、本人または、
a.chain.brick.yardgmail.com
までお願いいたします。
18:04 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.10:レビュー【VJ Fumin】


●VJ Fumin
DJにあわせていろいろなバリエーションの映像を演出してくれました。
どれもやわらかい色合いで、あたたかい雰囲気の会場にすごくマッチしていました。
本職がデザイナーということもあって、ビジュアルのセンスを自由自在にあやつれるFuminの映像は、少し女性的な感性を持っている人。バランス感覚が絶妙です。
かなり暗いですが、映像をアップしたので見てみてくださいね。
会場の雰囲気がわかればうれしいです。
VJ Fumin、どうもありがとう!
(eily)
18:04 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.10:レビュー【アントニオ・ヨドバ氏(DJ)】


●アントニオ・ヨドバ氏(DJ)
"優しいサンバとMPBとアッパー"というテーマでお送りいただいたアントニオ・ヨドバ氏さんのDJは、いつものDJっぷりとはちょっと違う様子。本当に最良のブラジル音楽をセレクトしていただいて、イベント最後のDJということと相まって、気持ちよく空へ昇っていくような、そんな感覚でした。
プレイリストはこちら。
・Noel Rosa"Com Que Roupa"
・Cartola"Escurinha"
・Paulinho da Viola"Foi Um Rio Que Paou Em Minha Vida"
・Marcos Sacramento "OX do Problema"
・Edu Lobo "Rei Monto,Rei Posto"
・Ivan Lin "Quadras de Roda"
・Elis Regina "Madalena"
・Joyce "Feminina"
・Dominguinhos"O Babulina"
・Jorge Ben "Forca Bruta"
アントニオ・ヨドバ氏さん、どうもありがとうございました!
(eily)


The Rabadas Cinema Clube:
http://therabadas.wordpress.com/
18:04 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.10:レビュー【zu-hause(DJ)】


●zu-hause(DJ)
スナッフィー似のやわらかい印象をうけるzu-hauseさんが(褒めてます)、真夜中の超かっこいいHIPHOPをセレクトしてくださいました。初期のsoup-diskレーベルや不知火(shiranui)レーベル周辺をプレイしてくださり、1曲もzuさんの軸は崩れることなく、ひときわ妖しい時間が漂っていました。
私はこういうアウェイ感がたまらなく好きだったりします。何をどうやってもアウェイなのって、聴いている側(見ている側)を魅了させるし、集中して聴く(見る)ことができて、既成概念をとっぱらうことができるから。
(それは、意図的なものではなくて、偶然性がなければいけないのだけれど。)
そして、DJの後のさがゆきさんの演奏へつながったとき、zuさんのDJがものすごく生きていて、私は少し鳥肌がたちました。
また、zuさんはHIPHOPだけでなく、たくさんの良質な音楽をご存知で、それはDJ活動やblogから感じることができます。主張の強くないzuさんのプレイヤレビューに、妙に親近感がわいてしまうのです。私は大ファンです。
zu-hauseさん、どうもありがとうございました!
(eily)


zu-hause:
http://d.hatena.ne.jp/zu_hause/
http://d.hatena.ne.jp/our_bubble_hour/
18:04 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.10:レビュー【Grant McGaheran(DJ)】


●Grant McGaheran(DJ)
ポップでロックでキッチュでキュートな選曲のGrantのDJは、そこにいる人たちをものすごくHAPPYな気分にさせてくれます。王道もそうでないものも全部バランスよく並べることのできるGrantのセンスが私は大好き。
その中でも、Yo La Tengoの「nuclear war」(SUN RAのカバー)が好評で、テンションが上がり目に。
12月8日がジョン・レノンの命日ということで、オノヨーコの曲をプレイしたのもGrantらしい粋な計らい。
主催だったからゆっくりDJっぷりを聴くことができなかったけど、腰がいつも勝手にフリフリするのがGrantのDJ。
私にDJの素晴らしさを教えてくれたのも彼でした。(人生で一番GrantのDJを体感してるしね)
変化し続ける彼のバンド・ABIKYOKANもどうぞよろしく!
Grant、どうもありがとう!
(eily)


ABIKYOKAN:
http://www.goatbabe.com/abikyokan/
http://www.myspace.com/abikyokan
18:03 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.10:レビュー【makoto hayase(DJ)】


●makoto hayase(DJ)
今回、DJと、vol.10のフライヤーを手がけたham&ex a.k.a makoto hayase。
Kim HiorthøyやSchneider TM、細野晴臣などといった、まるくてやさしい音楽。
makotoくんの持っている世界観は、音楽や絵や映像や言葉や、いろいろなところからあふれてきます。
makotoくんのプレイ中、会場内にたくさんのvol.10のおばけちゃんが浮遊している絵を想像したらなんだかとってもマッチしておかしかったです。
終わることのないmakotoくんの活動がこれからも楽しみ。
makotoくん、どうもありがとう!
(eily)


ham&ex(makoto hayase):
http://hamandex.o0o0.jp/
http://www.myspace.com/hamandex
18:03 | ■vol.10 [2008.12.7] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |