13complex

by a chain brick yard
■13complex vol.4:レビュー


■■13complex vol.4■■

■日にち
2006年5月14日(日)
■場所
KAKADO(御茶ノ水)
■時間
open/11:50 start/12:20
■料金
当日券のみ 2000yen【手作りランチBOX・ドリンク付き(※30個限定)】
※ランチBOX完売後は1700yen(おつまみ・ドリンク付)
■出演
イノウエタカヒト
うにゃらとユカイな仲間たち
Rizla Deutsch
aabccghj
■お料理
KayoとKana
■会場装飾(テキスタイル)
藤井麻衣



inouetakahito_in1inouetakahito_in2inouetakahito_in3inouetakahito_in4inouetakahito_in5inouetakahito_in6

■イノウエタカヒト
犬(ダルメシアン・本人談)の格好で、魅惑的な音の集合。
まるで、空間に音が浮かんでいるかのようだった。
ノートパソコンから砂利の上を歩くような音が流れてきて13complex vol.4ははじまった。
そのあと、鈴虫のような音がアナログのリズムマシーンの音と一緒に聴こえてきて、
次々と目の前にあるワイングラスを叩いてチーン、そこら中のものをドドンドドンと叩き、まるでお祭りのよう。また、グラスのふちを指でなでたり、赤いホースをブンブン回したり、と今まで聴いたことのない音の世界。音への執着心が十分にうかがえ、またそれでいて音を楽しむ心を常に持っていることがとてもよく感じられた。
イノウエさん、ありがとう!(eily)



unyaratoyukai_in1unyaratoyukai_in2unyaratoyukai_in3unyaratoyukai_in4unyaratoyukai_in5unyaratoyukai_in6unyaratoyukai_in7

■うにゃらとユカイな仲間たち(voice・・・白川可奈子、contrabass・・・池上秀夫、piano・・・寒川晶子、口琴・・・幕内純平)
即興という、主催者の私も未知の世界。
vol.2でJAZZのスタンダードナンバーを歌い上げたうにゃら(=白川可奈子嬢)が、まったくの別人になってしまった。
幕内氏の口琴から、それははじまった。
そして、白川嬢のゆっくりとした太い高音が会場に響き渡る。
その空間を切るように寒川嬢のピアノがすっとはいってきた。
そのすぐ後に、池上氏のコントラバスが遠くから歩いてくる何者かのように、影一つなく忍び寄ってきた。
今日がいつで、ここがどこなのか、まったく分からなくなるほど、会場は別の世界にいた。
途中からメンバー全員がヒートアップして、すべての音が地を叩きつけるような怖さを含み、思わず背中がぞっとした。うにゃら曰く、「途中、世界平和を願っていた」そう。皆さんはどこの部分か分かるだろうか。
幅広く活動するうにゃらは、次は一体何をしでかすのだろう。
皆さんとても素晴らしいプレイヤーだったが、個人的にはどんなに鍵盤を叩いてもしっとり潤いがあるピアノを演奏された寒川嬢がお気に入り。
うにゃらとユカイな仲間たち、ありがとう!(eily)



rizla_deutsch_in1rizla_deutsch_in2rizla_deutsch_in3rizla_deutsch_in4rizla_deutsch_in5rizla_deutsch_in6rizla_deutsch_in7rizla_deutsch_in8rizla_deutsch_in9

■Rizla Deutsch
13complexにリズラがやってきた!!!この興奮はリハの時から抑えられずにいた。
KAKADOでの彼らのギグは想像以上にマッチした。
サンプラーとマイクロコルグとギターを自由に操るイケメンのGrantは抜群の音楽センスの持ち主だ。
彼はジャンルを問わず本当に様々な音楽を聴き、またそれをユーモアを忘れずに自分の中に消化する。
これは後から聞いた話だが、作曲はすべてGrantが手がけているのだそう。
そのためだろう。ニューウェーブ、テクノ、クラブミュージック、という言葉ではおさまらない。
アバンギャルドな音なのにキャッチーなメロディー。ループするベースラインとリズムと、ランダムに鳴る電子音がこの上なく、気持ちがいい。
それに乗っかるIanのヴォーカル。私は英語を理解することが出来ないため、歌詞の内容が聞き取れないのが残念だが、彼の歌い方は非常に格好いい。終演後、「Ian、歌上手だね」と言ったら彼は恥ずかしそうにした。
最後の曲はその中でも一番ポップな楽曲だった。恐縮ながらも私、牧野がピアノで飛び入り参加。
リズラと生ピアノの共演は、とても自然なことだった。
Rizla Deutsch、ありがとう!(eily)



aabccghj_in1aabccghj_in2aabccghj_in3aabccghj_in4aabccghj_in5aabccghj_in6aabccghj_in7aabccghj_in8aabccghj_in9aabccghj_in10aabccghj_in11

■aabccghj(ブレンドコーヒー(砂糖多め)…はやせまこと、アップルジュース…まとばゆうた、ジンジャーエール(レモン入り)…まきのえり、ホットチョコレート…たーぼー)
***出演者より***
●おもちゃ箱をひっくりかえしたような、楽しいステージ。
きっと本人がおもちゃ箱みたいだから、こうなるんだろうな。
さらに深くなったのが、見てみたいです。(イノウエタカヒト)
●個性の全く違う4人が集まったすばらしいバンドでした。
皆さんのキラキラしたセンスがアチラ、コチラに漂っていて、ほんとステキでしたよ。
また、同じメンバーでやってほしいなぁ。再演希望!!(白川可奈子 from うにゃらとユカイな仲間たち)
●ミニ劇場を見ている雰囲気で始まって、バックでオセロをやる人がいながら前では言葉のやりとりをしていて、面白かった。後にその時のやりとりが再現されて聞こえてきたり、言葉や動作のやりとりと音楽が交互にされていて、新鮮だった。
転換が少し忙しそうだったけど、みんな笑顔で楽しい雰囲気が伝わってきた。
私も何回か声を出して笑っていました。(寒川晶子 from うにゃらとユカイな仲間たち)
●ポップだけれど、微妙に変なところが面白かった。サンプリングの使い方とか。
合間の寸劇も面白かったけれど、もう少しスムースにつなげると間が空かなくて良いと思いました。
ラストのほうの曲は即興でしょうか?楽しんでやっている感じがよかった。(幕内純平 from うにゃらとユカイな仲間たち)
●すごく楽しい気分になりました。おもちゃ箱みたいであたしはとっても好きでした。
すばらしい人にあわせてくれたまとちゃんにあらためて感謝しています。
どんどん成長してるえりちゃんが恐ろしいです。負けてられません!(藤井麻衣)



kayoandkana_in1

■KayoとKana(お料理)
「サンドウィッチを30人前と、クッキー120枚作ってくれない?」
このわがままな私の要望に、応えてくれたKayoちゃんとKanaちゃん。(とKayoちゃんの母上。)
シンプルなものにしよう、と決めて当日、Kayoちゃんと一緒に届いたランチボックスの山。
おかげさまでランチセットのチケットはすぐ完売。
「美味しかったので、妻にしたい」という声まで私の元に届いた。もちろん私も頂いた。
Kayoちゃんは今、パティシエ目指して猛勉強中。
Kayoちゃんのお店が出来る日は、そんなに遠くないはず。みんなで美味しいケーキを注文しよう!
Kayoちゃん、Kanaちゃん、ありがとう!(eily)



fujiimai_in1fujiimai_in2fujiimai_in3fujiimai_in4fujiimai_in5fujiimai_in6fujiimai_in7fujiimai_in8fujiimai_in9

■藤井麻衣(会場装飾(テキスタイル))
彼女は、このイベント皆勤賞の的場祐太氏(from たっぷりタルト工場、Que?Que!Que!、aabccghj)の紹介で知り合った22歳の女の子。「変わった子だなぁ」とこちらは思いながらも、何度か私のライブに足を運んでくれた。
二度目の時に、彼女は手作りのデコレーションされたふわふわの布をくれた。(他に何といえば伝わるの?)
その時に「この子はただ者じゃない!」と感じ、こそこそとイベントの装飾をお願いしていた。
当日までに何度か会場見学をしては、麻衣ちゃんは大きな、たくさんの、色とりどりの布を持ってきて、ああじゃないこうじゃないと打ち合わせ。
そして、当日。
本当に、本当に想像以上の世界が、そこに、あった。
心から感謝をします。
麻衣ちゃん、ありがとう!(eily)



others_in1others_in2others_in3

-ポスター-
■なをみ(from 淡色JAPE)
いつも布素材で作ってくれるハンドメイドのポスター。今回はかわいいパッチワークでした。ありがとう!(eily)
-ワイン提供-
■阿部トシオ
美味しいワインをなんと無償で次々に提供してくれました。ごちそうさまでした。ありがとう!(eily)


+ + + + + + + + +


ご来場の皆様、スタッフの方々、出演者の方々、支えてくださった皆様、
心より、感謝の気持ちを込めて。
ありがとうございます。


牧野エリ


18:41 | ■vol.4 [2006.5.14] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |