13complex

by a chain brick yard
13complex vol.2レビュー


■■13complex vol.2■■

■日にち
2005年8月19日(金)
■場所
KAKADO(御茶ノ水)
■出演
uniee(with 越阪部智彦/松尾由堂)
Tokyo亭Guy吉
KEY×CANDY(STUDIO301)
ham&ex
たっぷりタルト工場
Que?Que!Que!(produce/牧野エリ)
(出演順)
-opening act-
太田将裕(from SUMMER SOLSTICE)
■展示
わたなべゆい
麻木乃マリ




■uniee(with 越阪部智彦/松尾由堂)
unieeこと、白川可奈子さんこと(笑)、うにゃらの歌声はとってもかわいい。
表参道でご飯をしながら、「憧れはアニタ・オデイなの」と、彼女が言った言葉が今でも耳に残っている。
ポップスに近い、聴きやすいジャズ、というのも彼女の魅力で、多くのお客様が彼女の歌声に酔いしれていた。
もちろん、あたたかみのあるギターとウッドベースにもうっとり。ありがとう!



■Tokyo亭Guy吉
妙に似合う浴衣を羽織って「落語なんかやったことない」で始まった、彼の落語の時間。
彼の本業はピアニストなのに、彼の大好きな落語を無理矢理やってもらった。(ごめんね(笑))
いわゆる落語的な面白さよりも、本人のキャラの面白さが際立つだなんてまた驚き。ありがとう!




■KEY×CANDY(STUDIO301)
4月に行われたvol.1では、クラシックと賛美歌を披露してくれたヤノメキミコ。
その彼女が今度はパートナーを連れてきて、ピアノ×ギターでロックをお披露目。
この場を借りて、CANDYさんからのご紹介のヘアメイクさん・seiyuさん、mayumiさん、ありがとう!




■ham&ex
vol.1と違うのは、「陰」の部分が増えたこと。
音が立体的に浮き上がって、ストーリー性を帯びてきて、とてもロマンチック。
それに加わるham&exの大ファンの西垣店長のVJ。ありがとう!




■たっぷりタルト工場
前回は福山氏による脚本だったが、今回は的場氏の脚本「掘廚任△襦
そして今回は、即興芝居までやりとげてしまった。(しかも、会場は爆笑の渦渦渦!)
イクラと、消しゴムと、カウンタック(外車)で芝居など、誰ができるというの?
「たっぷりタルト工場」の3人のすごさを一気に知る、一夜となった。ありがとう!






■Que?Que!Que!(produce/牧野エリ)
(メンバー)
池田典子・・・chorus/tambourine/egg shaker
丸野夏実・・・chorus/acoustic guitar
津野健児・・・bass
野村怜美・・・chorus/egg shaker/piano
毛塚裕一・・・percussion(hands and feet and cymbals)
的場祐太 fromたっぷりタルト工場・・・pianica
早瀬誠 from ham&ex・・・electric guitar
牧野エリ・・・vocal/piano/lyrics/music/produce

(出演者の皆様よりあたたかきお言葉・・涙)
・とにかく楽しかった!!Que?Que!Que!は無敵だった!!完敗だし乾杯!!(太田将裕)
・Que?Que!Que!最高!
プロデューサーとして、アーティストとして、牧野エリさんは本当にすばらしい。これからも楽しみにしてますよ〜!(uniee)
・その響きは円!連鎖、連鎖!!(ham&ex)
・口が開きっぱなしになるということ♪♪(たっぷりタルト工場/的場祐太)
・かねてからあるべき生態系の姿(工場長より言葉の産児)(たっぷりタルト工場/福山剛史)
(Que?Que!Que!メンバーよりあたたかきお言葉・・号泣)
・私を含め、出演者のみんながとても楽しそうにやっててキラキラしてた☆見てくれたお客さんも楽しんでくれたならとってもHappyです(≧▽≦)
よい経験をさせてもらって、本当にありがとうございました!(池田典子)
・牧野エリちゃんは、アタシの中で数少ない大好きなアーティストの一人。尊敬のまなざし(丸野夏実)
・友達同士でこういうのがやれるのってすごくいいことだと思うし、初めてだから緊張しまくったけど(すまん)新鮮でとてもいい思いができました。仲間にいれてくれてありがとう。(津野健児)
・今回は本当に面白かった!出演できたのもとっても嬉しかった!
よい仲間に出会えたこともとても良かったです♪次回も期待しています!(野村怜美)
・みんなでヒトツのものをつくる!たのしさを改めてかんじました!(毛塚裕一)
・いたずらは常に新しく素晴らしく!!って思いましたです♪♪(的場祐太)
・とても楽しかった!マエストロ!!!(ham&ex)





-opening act-
■太田将裕(from SUMMER SOLSTICE)
普段はバンド「SUMMER SOLSTICE」のギターボーカルとして活動している彼だが、今回は初のソロということで、いつもはまったく緊張しない(らしい)彼も、自ら「緊張した・・」と一言。(笑)
UKを愛する太田君らしいセットリストで、大好きなOASISのカバーは手馴れたもの。
牧野楽曲「気狂いレモン」のカバーもうれしかった。ありがとう!



-展示-
■わたなべゆい
「おそろい。」
人間と同じくらいの大きさのこの作品の存在感は、ものすごいものだった。
とても20歳前後の女の子が作ったものとは思えないくらい。
色がすっごくきれい。ありがとう!



-展示-
■麻木乃マリ
「MERMAIDOLL」
タイトルの通り、MERMAID(人魚)とDOLL(人形)が一緒になった女性。
周りには、綺麗な色の糸や、はさみなどが散りばめられている。妹よ、ありがとう!



-design-
■ham&ex
■なをみ(from 淡色JAPE)
かわいい13complexのポスターのデザインはham&ex。
そのかわいいキャラクターをそのまま大きな布で再現してくれたなをみ。
彼らが生み出すものは、すべてとってもキュート!!!ありがとう!


(photo/yumixx)
+ + + + + + + + +


ご来場の皆様、スタッフの方々、出演者の方々、支えてくださった皆様、
心より、感謝の気持ちを込めて。
ありがとうございます。


牧野エリ


01:29 | ■vol.2 [2005.8.19] | comments(0) | -| - | - |