13complex

by a chain brick yard
サイトリニューアルのお知らせ
13complex ウェブサイトは以下URLへ移動しました。

http://13complex.tumblr.com/


18:45 | □news | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex petit (on 2013.9.4) :Photo
2013/9/4におこなわれた"13complex petit"の様子です。
当日詳細はこちらからどうぞ。


■ GUILLAMINO (ギヤミノ) [from Barcelona / SPAIN][LIVE]





■ otooto22[DJ]





■ hitch[DJ]





■ sonoco(フィラデルフィアより愛をこめて) [DJ]





■ DJ Emerald[DJ]

xxx



DATE: 2013.9.4(wed) at 新宿BE-WAVE


thanks! x

20:42 | ■petit [2013.9.4] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.19:Photo
2013/6/8におこなわれた"13complex vol.19"の様子です。
当日詳細はこちらからどうぞ。


/// MAIN FLOOR ///

■ D-FRIED with Vj DO NOT DISTURB [from Barcelona/SPAIN][LIVE]





■ aus[LIVE]





■ Tyme. [from MAS][LIVE]





■ Noah[LIVE]





■ mu h [moph records][DJ]





■ shim [melting bot][DJ]





■ murai [Rhythm Cruise][DJ]





■ DJ Emerald[DJ]







/// LOUNGE FLOOR ///

■ Shelling[LIVE]





■ tomharu[LIVE]





■ hitch [EGURI][DJ]





■ HNC[DJ]





■ suno [mute / shower][DJ]





■ Sayuri [DESTINATION / DESTINATION MAGAZINE / ブロークンビーツ酒場][DJ]





■ Tatsuoki [Broad / FBWC / Crept][DJ]





■ hisao [Daydream Wonder][DJ]





■ craig eee [Tokyo Gig Guide][DJ]





■ matocotoshuco[紙芝居]





■ new names[VJ]





■ Tomoyuki Miyashita[FOOD]





■ Masashi Tateno (AROMA VITA+) [AROMA]





DATE: 2013.6.8(sat) at 中目黒solfa


thanks! x

18:40 | ■vol.19 [2013.6.8] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex petit 急遽決定!

先週のdublab.jpにDJ出演、週末は名古屋公演、そして来週には100%SilkのOcto OctaのRemixも含むEPのリリースを控えている、バルセロナ出身のアーティスト、Guillamino を迎えます。
場所は、改装したばかりの新宿歌舞伎町のBE-WAVE。
フリーエントランス。
アシッドな夜を、どうぞお過ごしあれ。

▼・▼・▼

"13complex petit" 

2013.9.4(wed)
20:30-24:00 @ BE-WAVE(歌舞伎町)
Free Entrance!

▼GUEST LIVE
GUILLAMINO (ギヤミノ) [from Barcelona / SPAIN]

▼DJs
otooto22
hitch
sonoco(フィラデルフィアより愛をこめて) 
DJ Emerald(13complex / Synthesmic)

▼VJ
calco


/・/・/・/・/・/・/・/・/・/・/


■ GUILLAMINO (ギヤミノ)
バルセロナ生まれ、Red Bull Music Academy出身のビートメイカー/シンガー。 2006年のSonarTokyoへの出演や、日本のレーベルからリリース経験も。 昨年リリースしたEPではJacques Greeneがリミックスを手掛けた。 9月10日にはICANのEsteban AdameとのコラボレートEP『手紙 – TEGAMI』のリリースを控えている。 EPには100% SilkのOcta Octaによるリミックスも収録予定。
http://www.guillamino.com/
http://soundcloud.com/guillamino





■ otooto22
otooto22.com / EGURI 主催
http://www.otooto22.com/



■ hitch
関東圏で活動のフリーフォーク系音楽家や映像家、舞踏家らとの社交会「treppe」及び、フロム歌舞伎町、アーバンなダンスパーティー「EGURI」を主催。
1996年イベントオーガナイズとともに音楽活動を開始。
2000年the haters、2001年felix kubin , his name is alive等の来日ツアーをサポート。
1999年-2005年にかけレコードバイヤーを務めていた経験値、レコードコレクターとしての造詣の深さ、音楽への執着が織り成す独創的なDJスタイルと、ミュージックコンクレート、現代音楽、ノイズといったアヴァンギャルド音楽から、プログレ、NEUE DEUTSCHE WELLE、歌謡曲までをミックスする素っ頓狂な世界観で定評を得ている。
ターンテーブルと供にKORG MS10、オムニコード、SPACE ECHO等、電子楽器を駆使するフレキシブルなパフォーマンスは一見の価値あり。
http://www.myspace.com/hsnmcy
http://www.otooto22.com/eguri/eguri5.html




■ sonoco
デザイナー/DJ。Disco/Funk/Boogie/Hiphop/indieDance/ROCKなどブラック寄りALL MIXにプレイ。都内を中心にふわふわDJ活動中。


■ DJ Emerald / DJ エメラルド
光と影のあいだを浮遊しながら、胸キュンをどこまでも探求中。
ミラーボールの煌めき、陽炎の揺らめき、終わりのある永遠、毎秒が旅のはじまり。
http://djemerald.tumblr.com/


00:34 | □news | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.19:インフォメーション [6/4update]


今年初の13complexの開催が決定したのでお知らせです!

今回はスペインはバルセロナより、本場のsonar出演をはじめ、数々の作品をリリースやremixを手がけているD-FRIEDを迎えます。
先日2ヶ月にわたるヨーロッパツアーを大盛況で終え、Tujiko NorikoやCokiyu、Geskia!、miyauchi yuriなど手がけたremix集もリリースした、日本が誇るアーティストaus。
そのausことYasuhiko Fukuzonoのレーベル「flau」より、split EPをリリースしたばかりの名古屋在住の才女Noah。
うねるビートの電子音から美しいアンビエントサウンドまで多くの作品を制作し続けるTyme.。
2月にchihei hatakeyamaのレーベル「White Paddy Mountain」より1stアルバムをリリースしたばかりのShellingなどのライブ。

そして、各方面で活躍中の素晴らしいDJ陣。
"13complex"ならではの、ジャンルではなく、純粋に音と人が紡ぎ、綴れ織る空間を是非たっぷり堪能してみてください。

また、毎度おなじみのnew namesのVJにより、メインとラウンジの両フロアがこの日だけまったく別の空間になります。
加えて、来日するD-FRIEDにあわせて、FOODはめずらしいスペイン料理をご用意。
さらに追加で、Tateno氏によるメインフロアの"香り"によるプロデュースも決定!
この日のためだけに調香される、天然の素材のみで作られるアロマの香りで、13complex独自の空間をコーディネイトしてくれます。
聴覚、視覚、味覚、そして嗅覚までも楽しめる一夜となります。
こちらもお楽しみに:)

★タイムテーブルはこちら[TIME TABLE]


*****


13complex vol.19

2013.6.8 sat
@中目黒solfa  >>> google map
15:00-21:00
adv[前売] 2500yen(w/1d) / door[当日] 3000yen(w/1d)
★フライヤー持参で前売価格となります / with flyer = adv

-LIVE-
D-FRIED with Vj DO NOT DISTURB [from Barcelona/SPAIN]
aus
Tyme. [from MAS]
Shelling
Noah
tomharu

-DJ-
hitch [EGURI]
mu h [moph records]
HNC
shim [melting bot]
suno [mute / shower]
murai [Rhythm Cruise]
Sayuri [DESTINATION / DESTINATION MAGAZINE / ブロークンビーツ酒場]
Tatsuoki [Broad / FBWC / Crept]
hisao [Daydream Wonder]
craig eee [Tokyo Gig Guide]
DJ Emerald

-VJ-
new names

-紙芝居-
matocotoshuco

-FOOD-
Tomoyuki Miyashita

-AROMA Specialist-
Masashi Tateno (AROMA VITA+)    new!


◎ご予約 / Reserve
info@achainbrickyard.com

◎Facebook
http://www.facebook.com/13complex

◎twitter
http://twitter.com/acby



■ D-FRIED[LIVE]

D-Friedはバルセロナを拠点とするDJ/プロデューサー、ジョルディ・サルデスによるユニット。
90年代中盤よりDwight Fried, Alien Kid, Sadako Experenceなど数多くの名義・ユニットで12インチをリリース。2003年よりロンドンに移り、D-Fried名義での活動を開始する。すでにこの頃より、彼の特徴である電子音の質感と、難解なリズムによるアンビエントサウンドに、日常のノイズと重なり合う繊細なメロディーというスタイルは確立されつつあった。2006年、再びバルセロナに戻り、スペインのarbol(ex.Piano Magic)のアルバム『You travelled my heart inside out』の6曲に参加し、欧州と日本のツアーに参加。その中でsokif(Revirth)やantennasiaのremixを手がけ、Mizukage Recordsのコンピにも参加するなど、日本のアーティストとも交流を深める。2009年、D-Fried名義による1stアルバム『Clouds Leave No Trace』をドイツのネットレーベルPhonocakeよりリリース。同年のネットレーベルのベストアルバムの一つに選出される。その後、同アルバムに収録されている"Clous In Motion" はドイツの名門レーベルMille Plateaux/Force intelのコンピ『IAM - Intelligent Ambient Music 01』に収録された(他にAmetsub, Sabi, Pleqなどが参加)。そして、今年2013年バルセロナのレーベル、Discontinurecordsより2nd『The Lost Tomorrow』をリリース。スペイン国内外のメディアに取り上げられ、"彼が存在している限り電子音楽の未来は明るい"と高い評価を受けている。

Jordi Saludes, producer, musician & dj from Barcelona, has published various albums, eps and a long list of 12" in european labels  (Emi, React, Emcee, Just Noyze, Astral,etc) with different  projects. In 2003 he moves to London and began experimenting, under his D-FRIED new moniker. His early tracks set up the basis of his style, mixing electronic textures and urban ambiental sounds with intrincate rhythms, building with ordinary noises and subtile digital melodies, soundtracks for a city travellers ... After his first album "Clouds Leave No Trace" on Phonocake reaches few top best netlabel album in 2009, he apeared in some compillations in Europe and Japan in labels like Mille Plateaux/Force Intel, Lemongrass Music, Mizukage Recs, Phonocake, Discontinu, Emilii, Disboot, etc...His second album "The Lost Tomorrow" (Discontinu 2013) had a very warm wellcome in Spain, with excelent reviews on magazines and other international media. With some releases in the pipeline, D-Fried is allways involved with other artists and working on side fields making music for comercials, documentaries, films, contemporary dance, audiovisual installations and websites.
http://www.micro-clima.com
http://www.soundcloud.com/d-fried


■ aus[LIVE]

東京出身のアーティスト Yasuhiko Fukuzonoによるソロ・プロジェクト。幼少期から音楽に触れ始め、10代の頃より主に実験映像作品の音楽を手掛けてきた。2004年よりaus名義で活動開始後、海外レーベルを中心に4枚のフルアルバムをリリース。これまでにSummer Sonic、SonarSound Tokyo、De La Fantasia、Electronic Tribeなど国内を代表する音楽フェスティバルに出演、今年3月には全18都市22公演のヨーロッパツアーにて、Ulrich Schnauss、Fennesz、Matmosらと共演するなどワールドワイドな活動を展開している。最近ではClara Hill、Sylvain Chauveau、Gutevolkらとのコラボレーションで日常の音を巧みに取り入れた繊細なサウンド・プロダクションを披露。エレクトロニック・ミュージックをベースとしながらも、人肌を感じさせるような暖かいサウンドと、緻密かつ大胆なビート・メイキング、透明感溢れる美しい旋律に彩られた個性的な作品の数々は、幅広く支持されている。
http://www.ausmusik.com/


■ Tyme. [from MAS][LIVE]

エレクトロニカ/ダブ/ジャズのエッセンスをサウンドに注入したバンド"MAS(マス)"のリーダー「ヤマダタツヤ」のソロ名義。
2012年Tyme. x Tujiko名義でツジコノリコとの共作アルバム"GYU"をEditionsMego/Nature blissより発表。同年Japan/Australiaツアーを行う。
toto (suika)のアルバム "○to○ (わとわ)"のプロデュースを手掛ける。
MASとしては3rdアルバム"えんけい/En Kei" (PenguinMarket)を含む3枚の作品をリリース。
他にも美術作家ヤノベケンジ作品の音楽や展覧会での演奏、リミキサーとしてVegpher、cokiyu、sgt.、balloons、pasadena、asana等のリミックスを手掛ける。
また音楽作家としてグランツーリスモ5、FIFA、Mercedes、HONDA、BMW、SONY、google、STAEDTLERなど様々な映像作品の音楽制作も数多く行う。
2013年UKのSomehow recordingsよりアンビエントアルバム"to the dawn"をリリース。
現在Tyme.のビート作品をリリースに向け製作中。
http://soundcloud.com/tymemas


■ Shelling[LIVE]

Shelling[shel・ling[∫eiliη]は貝殻拾いという意味をもつ
メンバーはaya(g,vo,作詞作曲)、shota(g)
アンビエントの浮遊感、エレクトロニカの冷たさ、夢心地なシューゲイザーサウンドに心地よい透明感のあるボーカルが幻想的景色を想起させ、シャーベットポップとも称されている
2013年2月20日、1stアルバム"Shelling"をリリースした
http://shelling-info.com/


■ Noah[LIVE]

北海道出身の音楽家。
彼女は雪の多いのどかな地方で幼少期を過ごし、 そこで育まれた音楽的感性は今でも彼女の作風に大きく影響を与えている。
2009年冬より、本格的に作曲活動をスタートさせ、精力的に音源を制作。
中性的で透き通ったボーカルと、幼少期より慣れ親しんできたピアノが、彼女の音楽を特徴づけている。
そのサウンドは、今もなお、あらゆる音楽のシーンを吸収しながら進化し続けている。
昨年大きな注目を集めたクラウドラップの新星Kitty PrydeのプロデューサーであるSela.とのSplit EPを4月にflauよりリリース。


■ tomharu[LIVE]

東京出身のHaruhitoとイギリス生まれドイツ育ちで現在は東京在住のThomasからなるデュオ。
数年前から共に音楽制作を開始。都内を中心にライブ活動を行い、Sea LionsやRadical Face、Masha Qrella等とも共演を果たす。
Haruhitoのコレクションであるアナログシンセを軸にしたベッドルームエレクトロポップはKompaktや初期Morr Music等を彷彿とさせThomasの素朴で穏やかなヴォーカルは幼少期の淡い記憶を呼び起こし、クールな印象のトラックの中にもどこか温かさや人懐っこさを感じさせるものである。
2013年3月にTetoより待望のデビュー作 “seum ep” をリリース。

tomharu are a duo of Tokyo born Haruhito & current Tokyo resident (via Germany and England) Thomas. Having got together to make music in the suburbs of the city a few years ago, the seum ep sees tomharu deliver their version of perfect bedroom electro pop. Haru’s collection of synths and effectors bring out memories of Kompakt & Morr at their poppiest while Tom’s layered vocals build up stories of young love and finding your place in a town far from what you thought of as home. Dreamy electronica with a warm analog heart.

The seum ep is available from March 15th through Teto Records on limited edition cassette and digital. Three tracks backed with a special remix. All cassettes come with download code with high quality MP3s of all included songs.


■ hitch [EGURI][DJ]

関東圏で活動のフリーフォーク系音楽家や映像家、舞踏家らとの社交会「treppe」及び、フロム歌舞伎町、アーバンなダンスパーティー「EGURI」を主催。
1996年イベントオーガナイズとともに音楽活動を開始。
2000年the haters、2001年felix kubin , his name is alive等の来日ツアーをサポート。
1999年-2005年にかけレコードバイヤーを務めていた経験値、レコードコレクターとしての造詣の深さ、音楽への執着が織り成す独創的なDJスタイルと、ミュージックコンクレート、現代音楽、ノイズといったアヴァンギャルド音楽から、プログレ、NEUE DEUTSCHE WELLE、歌謡曲までをミックスする素っ頓狂な世界観で定評を得ている。
ターンテーブルと供にKORG MS10、オムニコード、SPACE ECHO等、電子楽器を駆使するフレキシブルなパフォーマンスは一見の価値あり。
http://www.myspace.com/hsnmcy
http://www.otooto22.com/eguri/eguri5.html


■ mu h [moph records][DJ]

2009年にDJとしてのキャリアをスタート。
東京を中心にDJ、オーガナイザーとして活動している。
ラップトップを用いたDJスタイルにて電子音楽を中心に雑多なジャンルから独自の世界観に音を落とし込み、
どこか儚げな世界に繰り返しと意外性を演出する。
オーガナイザーとしても、異なる側面から電子音楽を切り出し『mute』『ask!』などのパーティーが現在進行形で展開されている。
2012年6月よりmoph recordsに加入し、さらなる活躍が期待される。
http://www.mophrec.net/
https://soundcloud.com/mu-h-1



■ HNC[DJ]

Yuppaによるソロ・ユニット。’09年のデビュー・アルバム『Cult』は、ボルティモア・ブレイクビーツやダブ・ステップのDIYポップス化に成功したエポック・メイキング作品。’11年には『Witches’ Party EP』(7"+CD)を限定リリースし即完売。スクリュード&エディットの手法で構築した新曲が評判となった。Moe(Miila And The Geeks)とのガールズ・ヒップホップ・デュオLOVE AND HATES名義や、自ら主宰するレーベルWhite Lilyの運営でも活躍中。


■ shim [melting bot][DJ]

不屈の音楽フリーク。サイケデリックな物なら何でも食す雑食。インディからクラブ、ドープな"ブツ"からポップな"アレ"にまで手を出す、テン年代的折衷主義のオルタナティブなブティック・レーベル <melting bot> 主宰。"壊"放的でとろけるようなヴィジョンを求め日々迷走中。
http://www.meltingbot.net


■ suno [mute / shower][DJ]

東京都出身。1974年生。
2000年よりラウンジを中心としたDJ活動開始。
エレクトロニカ・テクノ・ダブ・アブストラクト・JAZZなど雑食性に富む選曲は、メランコリックかつディープ。
DJ / プロデューサー集団『 流 -RYU- 』のメンバーであった、SakuHana a.k.a Eisei SAKUKA (DJ SAK)に見出され、氏が主宰する音楽集団『sTILLkid A.P.』の一員として共に活動中。
フリーランスのグラフィックデザイナー/アートディレクターとしての一面も。


■ murai [Rhythm Cruise][DJ]

DJ Aoyama、DJ Yumikoとともに2000年より季刊イベント"Rhythm Cruise"をスタート、白石隆之、dol-lop、Mihara等多彩なゲストを招き好評を得る。 共演者の音に合わせるだけでなく、季節や天候を意識した選曲で都度異なるサウンドスケープを提供する。


■ Sayuri [DESTINATION / DESTINATION MAGAZINE / ブロークンビーツ酒場][DJ]

2009年7月、DESTINATIONクルーを中心に立ち上げたフリーペーパー/クリエィティブマガジン『DESTINATION MAGAZINE』では、 これまでの知識を活かしてライターとして活動中。DJとしては、生音のオーガニックな音から打ち込みの黒くドープな音まで、心に響く楽曲を時と場所に合わせて選曲。暖かさとクールさ、そして黒くも洗練されたスタイルが持ち味。都内各所で活動中。


■ Tatsuoki [Broad / FBWC / Crept][DJ]

1990年12月6日生まれ。2011年4月より活動を開始。自ら主宰を務める奇数月第四火曜日「Broad@代官山AIR」、偶数月第四土曜日「FBWC NIGHT@中目黒solfa」、隔週水曜日「Crept@池尻大橋Cave246+」、偶数月第二木曜日「Hungover@西麻布eleven」をレギュラーとして活躍中。音とパーティに対して真っ向勝負で取り組み、真の愛を追求し続ける20代前半の若造である。
ルーマニアやドイツのミニマルミュージックを好んでおり、フロアを狂気の渦に巻き込む洞窟の奥の底から、暖かさと癒しを表現させる草原まで、「自然」というものに近い空間を再現させることができるようヴァイナルとCDの二刀流でプレイを展開して行く。
自身初のオーガナイズイベントとなる「Broad@代官山AIR」は無限に広がる人、音、映像を世界中の幅広い人々に体感させることを求めて若手からベテ ランまでの幅広い層から走り出したAIRでは珍しいMinimalを主軸とした新鋭レギュラーパーティであり毎回盛り上がりを見せ好評を得 ている。今後Broadという文字通り更なる広がりと発展が期待される。


■ hisao [Daydream Wonder][DJ]

千葉・本八幡にて日曜お昼の和み系ラウンジパーティー"Daydream Wonder"を主催。


■ craig eee [Tokyo Gig Guide][DJ]

オーストラリア出身のミュージシャン。
他にも映画制作者、ウェブデザイナー、イベントの主催者などの顔を持つ。


■ DJ Emerald[DJ]

光と影のあいだを浮遊しながら、胸キュンをどこまでも探求中。
ミラーボールの煌めき、陽炎の揺らめき、終わりのある永遠、毎秒が旅のはじまり。
http://djemerald.tumblr.com/


■ new names[VJ]

佐々木真吾+青野裕介
2人の映像ディレクターによるVJユニット。
2011年、旧名義「KAMIO-KAMICHI」から現「new names」に改名。
佐々木のハンドメイドによるアナログ表現を、青野による静的なビジュアル構成で切り取る作品作りを得意とする。
動と静。
ピースとクール。
アクセルとブレーキ。

クラブ、ライブ、イベント等で活動。
近年は、プロジェクション・マッピングなど、新たな映像的刺激を模索中。
http://newnames.jp/


■ matocotoshuco[紙芝居]

東京都在住の的場祐太と、大分県在住のシュトーリョーによる
紙芝居チーム。(二人だけどチーム)

年齢、性別、国籍を問わず反響を呼ぶ、
ポップでキッチュだけれど、
ポップでキッチュなだけじゃない、
カラフルで、トロピカルで、ジューシーな新しい紙芝居。

また、的場祐太単独で役者としての活動も平行しており、
野田秀樹(NODA・MAP)による演劇「エッグ」(出演:妻夫木聡、深津絵里他 / 2012年)にアンサンブルとして出演。
今年の秋にも「MIWA」(出演:宮沢りえ、瑛太他)へのアンサンブル出演が決定している。


■ Masashi Tateno (AROMA VITA+)[AROMA Specialist]

ヘアメイクとして広告・雑誌・PV、また宮崎あおい、三浦春馬などの写真集も手がけるほか、天然の香りによる「記憶の刷り込み」(ビジュアルと音と香りが結びついたときその瞬間の情景が記憶に刷り込まれるのでは)をヘアメイクで培った感性をもとに調香したくさんの人に感じてもらうべく活動し続けるアーティスト。
自身が立ち上げたAROMA VITA+では、2005年より俳優大沢たかおとのコラボによるフレグランスの商品化、またLOUIS VUITTON、Levi'sなどのファッションブランドやMTV、SkayperfectTVとのイベントなどにおいて、すべて天然の素材で作られる香りにより空間コーディネイトを担当。
また、近年ではMysticsや渋谷芸術祭など屋外でのフェスやイベントにおいても、それぞれのイメージの香りを天然のフレグランスにし「記憶の刷り込み」を提案している。
Hair Make-up Office pep Inc.:http://pepinc.jp



▼TIME TABLE(※画像をクリックすると拡大表示できます)


01:27 | □news | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex vol.18:レビュー
2012/8/19におこなわれた"13complex vol.18"のレビューです。
当日詳細はこちらからどうぞ。


■ Dela (CMFLG)[DJ]
第1部〜Cream of SunshineのDJをすべて担当してくれたDelaさんの選曲は、どこか懐かしくもありながらいつも新しい。そして聴いたことのない音楽をたくさん教えてくれます。




■ hiromi sunaga[LIVE]
まるでゆりかごにいるような彼女の世界。ひとつひとつ音を丁寧に紡いでいきます。これからがとても楽しみ!




■ yui onodera[LIVE]
会場の作りから、広さ、スピーカーなど、環境に合わせて音の鳴りを自由自在に変化させるパフォーマンスは、音楽を超えて、空気のあいだや体の細胞の隙間を埋めていくような感覚に。




■ Twigs&Yarn[LIVE]
この日がツアー最終日。Laurenの可憐で美しい歌声と、Stephenお手製のオルゴールの音色が綴り織られる様は、真夏の白昼夢そのものでした。
アンコールが起こり、「演奏して大丈夫?」と声をかけてくれるやさしい彼らの人柄もそのやさしい音楽に反映されているようにも思います。




■ DJ Emerald[DJ]
第2部〜Sunset on a Daydream〜のスタートは、一転して少しサイケデリックな真夏の夜の夢、モードへ。




■ SUNNOVA(LOW HIGH WHO?)[LIVE]
ビートを駆使して一気に暗闇へ引き込むエネルギー、そしてたまに訪れるロマンティックなメロディ、サンプリングされた音たちが妖しく絡まる瞬間の連続。




■ nnn(communication!)[DJ]
いつもハッピーなスピンをするnanaちゃんはこの日は少しムーディな雰囲気も含みつつ、華やかに会場を彩ってくれました。




■ 2AD(ANDO & AD再騰二三夫)[Performance]
説明のつかない2人組のパフォーマンス…。
ふただび、彼らに出会える日はあるのでしょうか。(笑)




■ new names[VJ]
いつも見る人をあっと言わせる想像力と技術で、今回も会場を最大限にアレンジメント。
日常が非日常にしてから、もう一度日常を差し込むことで、私たちを不思議な世界へ導いてくれます。




ご来場くださったみなさま、
出演者及び関係者のみなさま、
13complexを支えてくださったみなさま、
どうもありがとうございました。





17:32 | ■vol.18 [2012.8.19] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
■13complex from “STACK Vol.01”:レビュー
2012/6/28におこなわれた"STACK Vol.01"に、13complexとして参加した時のレビューです。
当日詳細はこちらからどうぞ。


■ buna(Trench Warfare)[DJ]
オープニングを飾とても緻密な小宇宙と緊張感のあるチル。デザイナーとしても活躍中の彼が作り上げる選曲は、とても品があり、美しいです。





■ Seiho[LIVE]
激しいビートを聴かせつつも、エレクトロでありファンキーでもあり、観客を一瞬足りとも飽きさせない、噂通りの、いえ、噂以上のパフォーミングでした。





■ DJ UCHIAGE[DJ]
日本のダンスミュージックシーンを支える兄貴的存在のDJ UCHIAGE。
場所によってプレイスタイルが大きく異なる彼のプレイは、この日のためにキラキラと輝いていました。
2011年のototoyのインタビューもよければぜひ!興味深いです。





■ matocotoshuco[紙芝居]
渋谷の3大クラブのひとつであるWOMBで紙芝居。それだけでだいぶシュールですが、matocotoshucoのオリジナルの「はっぱくん」シリーズはもっともっとシュール。
子どもと大人のあいだを行き来します。





■ マコメロジー[LIVE]
WOMBとマコメロジー。こちらもかなり異質な組み合わせ。
それでも、ゆっくり、じんわりとやわらかい彼女たちの住む世界に連れて行ってくれました。弦を爪弾く音がまるで見えるようでした。





■ DJ エメラルド[DJ]
エレクトロニカのトイズサウンドからチルウェイブ、そして最後は名曲Laurel Haloの"Thaw"。ミディアム・チルアウト・ダンスミュージックで心地よくイベントの幕を閉じました。
mixはこちら > soundcloud





■ 10RI[販売]
日本の伝統を残しながら、新しいアイディアを生み出すハンドメイドブランド・トーリ。
どの作品もフォルムがとても美しく、手触りがくせになるのも特徴です。
彼女のこだわりが見えるWEBサイトにもぜひ訪れてみてください。
http://info10ri.com/




STACK produced by Conbini
http://conbini.org/





ご来場くださったみなさま、
出演者及び関係者のみなさま、
13complexを支えてくださったみなさま、
どうもありがとうございました。





09:50 | ■Join "STACK Vol.01" [2012.6.28] | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |